So-net無料ブログ作成
検索選択

目撃 [ぶぅぶぅ‥こぶたより]

出勤前に事故に遭遇。(「私が」じゃないですよ)
私は対向車の流れをずっと見ていたので瞬間は目撃していないのですが
直後には当事者のタクシー運転手が倒れた自転車の人に寄っていったり、
他の歩行者が駆け寄ったりしていたので
「スミマセン」と思いつつその場を離れて仕事に行きました。
もしかしたら、ドライブレコーダーに映っているかも!と教室でPC借りて見たら映ってました。
レッスン後すぐに駅前の交番に事情を話して、
「もし映像が必要なら、警察署に持って行こうと思って」と言ったら確認とってくれて
『見たい』ということだったので、警察署に直行しました。

動画ではタクシーが右折する前から(ナンバーもバッチリ)事故後まで
自転車は何ら悪くないのが明らかに映っていました。
upできる容量をオーバーしてるので[右斜め下]直前写真です。
事故直前.jpg
     (私の進行方向での事故なので、動画では映る範囲が広がります)
お巡りさんから「これはスゴイ[exclamation×2]と。
どこでタクシーがブレーキをかけたのか、また自転車との位置関係などバッチリ判り
書類を作成する上でも、とても助かるということでした。

状況説明や映像確認⇒お巡りさんがカメラで撮影したり等に小一時間かかったので
(映像を一時停止して何度も写真を撮り、映像全部をカメラで動画撮影。
私のバイクにどのようにドライブレコーダーがついていたかなど)

その間、私が大変な思いをした話や
相手が歩行者だからバイクの方が悪いとかホントありえないって訴えたり、
交差点の信号も、もっと事故が起こりにくいパターンにできるはずだとか色々話しました。
後日、目撃した第三者の証言として調書をとらせて下さいということでした。

警察署を出る時、まだ当事者のタクシー運転手が居ました。
ということは、「たかが何秒か急いだ」もしくは「一瞬、注意を怠った(気付くのが遅れた)」だけで
事故直後~(私がレッスンしてる間~警察署を出る時にもまだ居たわけで)
何時間も運転業務がストップして、その間の売上が無いだけでなく
点数や罰金や被害者への色々などが科せられることになるんですょねぇ。。
私は個人的に特にタクシーには要注意していますが
だって走行中の他の車両のことよりも、 お客さんをキャッチする事にだけに真剣で、
車線変更や停止があまりにも急すぎるんですもん。

みなさんも運転は勿論、自転車、歩行時も色々気をつけて下さいね。
【非が無いもらい事故の証明】には自転車でも何でもドライブレコーダーが必要ですねぇぇ。
話題も内容もシツコクて恐縮ですが、ほんとオススメします。

話題が重複しているのでnice!コメント表示・受付は差し控えます。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。